So-net無料ブログ作成
検索選択

卓球男子 歴代オリンピック金メダリスト一覧 [スポーツ]

歴代の男子卓球のオリンピック金メダリストをまとめてみました!





ソウルオリンピック

image.jpeg

劉南奎(ユ ナムキュ・韓国



1988年、初めて正式種目となったソウルオリンピックゴールドメダリスト。強力なフォアハンドドライブと強靭なフットワークで、付けられニックネームは「天翔ける龍」。左利き、日本式ペンホルダーラケットを使用するドライブ主戦型。現在は韓国男子代表監督。




バルセロナオリンピック

image.jpeg

ヤン・オベ・ワルドナー(スウェーデン)



言わずと知れた卓球の天才。パーソンらとともに1980代後半から1990年にかけてスウェーデン卓球の黄金時代を築き、1997年世界選手権マンチェスター大会では、シングルス戦において1セットも落とさずに優勝を果たした。試合中は常にクール。

趣味はゴルフで、休日はほとんどゴルフをしているそうだ。卓球は右利きだが、ゴルフは左打ちである。




アトランタオリンピック

image.jpeg

劉国梁(リュウ グォリャン・中国







「裏面打法」のパイオニア。現在は中国卓球男子の監督。右利き、ペンホルダー表ソフト速攻+裏面打法型。多彩なサービスからの打点の速い攻撃で、アイントホーフェン世界選手権とオリンピックで個人優勝している。




シドニーオリンピック

image.jpeg

孔令輝(コン リンホイ・中国)



シェークハンド、ドライブ主戦型。現女子卓球チームの監督。回転のかかったサービス、ツッツキからの強烈なドライブが特徴で、世界選手権天津大会でも優勝している。




アテネオリンピック

image.jpeg

柳承敏(ユ スンミン・韓国)



ペンハンド、ドライブ主戦型。軽快なフットワークからの豪快なドライブで観客を沸かせた。幼いころから国内では「神童」と言われていたらしく、1997年マンチェスター大会に14歳という若さで出場した。現在は韓国ナショナルチームのコーチ




北京オリンピック

image.jpeg

馬琳(マ リン・中国)



ペンホルダードライブ主戦型。フットワークも速く、裏面からのバックドライブも多彩に繰り出す。カウンタードライブも得意。世界選手権では、いつも上位に入るものの優勝を逃していた。北京オリンピックの決勝では同僚の王皓に勝利し、悲願の金メダルを獲得した。




ロンドンオリンピック

image.jpeg


張継科(チャン ジーカ・中国)



シェイクハンド、ドライブ主戦型。現在主流のYGサーブを多彩に繰りだし、ピッチの速いバックハンドとフォアドライブが特徴。2011年の世界選手権ロッテルダム大会で初優勝し、その後のパリ大会でも優勝して2連覇を果たしている。







以上が歴代のオリンピック男子金メダリスト達
でした。

来年のリオで行われるオリンピックでは果たして誰が優勝するんでしょうね(^_^)


現在は中国の馬龍選手がブッチギリで世界選手権で優勝しましたが、若手の樊振東選手もかなり強いですね。


日本の選手も頑張ってほしいと思います!!


俺が選ぶ卓球男子イケメンBEST10ランキング

俺が選ぶかわいい卓球女子BEST10ランキング!


スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。